病院選びが大事!カントン包茎の解決に最適な病院の特徴と選び方

カントン包茎はどの医療機関で解決できるのか

そもそも「カントン包茎」は、包皮の口が狭いために亀頭の首部分が締め付けられ、それが元に戻らない状態になったものを指します。
放置すると、亀頭が血行不良やうっ血を起こすことがあり、健康上も良くないため、早めに治療して問題を解決することが必要です。
カントン包茎を解決できる医療機関としては、一般の泌尿器科や、包茎専門クリニックなどがあります。
美容クリニックでも手術を受けることは可能ですが、メジャーなのは、先ほど挙げた2種類の医療機関になると言えるでしょう。
一般の泌尿器科は、包茎手術も行っており、とくにカントン包茎の場合は病気治療と見なされることが多いため保険適用が可能です。
包茎専門クリニックは、文字通り包茎を専門に扱っているクリニックですが、カントン包茎の場合でも保険が適用されない自由診療になってしまいます。
そのため費用面に関しては、一般の泌尿器科のほうが安く済ませることができます。

緊急性の有無や、見た目重視か安さ重視かで選び方は違う

カントン包茎を解決できる医療機関の選び方については、緊急を要する場合とそうでない場合があると言えます。
症状が悪化しているのであれば、すぐにでも治療に取り掛かったほうがいいため、まずは一般の泌尿器科を受診することをお勧めします。
緊急を要するときは、病気治療という目的が優先されるので、とりあえず近くの病院に相談しましょう。
しかし、それほど緊急性がないのであれば、包茎専門クリニックも選択肢に入ります。
専門クリニックは、包茎手術の経験も豊富ですし術後の見た目をキレイにすることも可能なので、美容的なものを重視する人に向いていると言えます。
ですが、費用面を考えると、一般の泌尿器科は2万~5万円程度で済むのに対し、専門クリニックは10万~30万円程度かかるのが相場です。
そのため、見た目のキレイさ(美容面)よりも、治療費の安さを重視する人には、一般の泌尿器科のほうが向いていると言えるでしょう。

まとめ

カントン包茎は、放置しておくと健康上の問題があるため、できるだけ早い治療による解決が必要です。
受診できる医療機関としては、保険適用がある一般の泌尿器科や、保険適用がない包茎専門クリニックなどがあります。
カントン包茎は、緊急を要する場合は一般の泌尿器科がお勧めであり、すみやかに医療機関に相談することが重要です。
しかし緊急性がない場合は、見た目重視なら専門クリニック、そして安さ重視なら一般の泌尿器科をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。