いっそのこと放置でも良い?カントン包茎を解決せず放っておいた場合のリスク

カントン包茎を解決するには病院に相談です

カントン包茎は真性包茎よりも簡単に包皮は剥けますが、その特徴としては症状はより重い場合があります。
包皮口の広さが狭いために亀頭部が露出すると戻り難くなってしまったり、勃起時などには皮が外側から陰茎を締め付けてしまい、痛みが発生したり内出血になったり血流が阻害されて最悪の場合には壊死をしてしまうこともあるのです。
だからこそ解決するためには、専門医の診察から場合によって外科手術を勧められます。

カントン包茎を根本的に解決するには外科手術が必要になり、皮部分を切開して口を広げて亀頭が露出しやすくして、陰茎と包皮のバランスが良くなるように縫合することでカントン包茎治療を行うのです。
解決方法は外科手術が確実になりますが、切除して縫合すれば解決というわけではありません。
陰茎には性感帯など繊細な神経が集中しているために、神経を保存しながら傷跡が目立たないように執刀しなければならないのです。

カントン包茎を放置してしまう危険性

カントン包茎の症状や状態には個人差があります。
包皮は根元まで剥けるものの、圧迫感があり陰茎が勃起状態になると亀頭部を締め付けてしまうタイプや、亀頭部の露出は途中までしか出来ない包皮口がかなり狭いタイプなどさまざまです。
成人後に無理に剥こうとすると痛みがある場合には、カントン包茎である可能性が高くなります。

簡単に剥ける場合でも剥いてしまうと元の包茎状態に戻らなくなってしまい、陰茎を締め付けて痛みがあったり内出血が起こる時には、すぐに泌尿器科を受診して包皮を戻してもらわなければなりません。
このようにカントン包茎を放置すると、痛みや内出血や最悪の場合血流が止まってしまい壊死になる可能性すらあるのです。

勃起状態になる過程で仮性包茎ならば皮が外側に押し出されて、亀頭部が露出するのが通常になります。
しかしカントン包茎の場合には途中で引っかかったり、剥けても痛みがあるので性交渉が出来にくい状態です。

まとめ

カントン包茎は包茎の中では少ない症例ですが、男性器の悩みとしては一般的なものになります。
他人の目に触れないデリケートな部分なので、悩みを1人で抱えてしまう例は少なくありません。

カントン包茎のために自慰行為が出来なかったり、恋愛に対して消極的になってしまうことは良くあるケースです。
保険適用で手術をしてもらうことが出来るので、恥ずかしがらずに泌尿器科や美容クリニックに相談することが解決の近道になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。