自力で改善できない?自己流対策ではカントン包茎の解決が難しい理由

カントン包茎は亀頭の懐死リスクもある

包茎は早い段階で解決させた方が良いとされますが、その解決策の多くは自己流によるもので包皮を剥いて亀頭を露出させるものといえます。
ただ、真性包茎などのように自ら剥くことができない症状もありますので、自己流では解決できない症状があることも覚えておく必要があります。
カントン包茎も、自分で剥けないものと剥けるものがあるのですが、仮に自分で皮をめくることができたとしてもカントン包茎は元の状態に戻らなくなってしまう、このようなリスクがあるので自己流で解決しようと考えて痛みをある程度我慢しながらやってしまうと大変なことが起きることもありますので注意が必要です。
カントン包茎は、平常時と勃起時の、陰茎の太さのギャップに対し、包皮口の伸縮性が伴わないなどからも強い締め付けにより十分な血液の循環が行えず血行不良が起きます。
この状態を放置していると亀頭下がドーナツ状に腫れて緊急手術、手遅れになると亀頭の壊死などのトラブルに繋がることもあるようです。

カントン包茎は早期の治療が不可欠

幼少期頃には自覚症状がなく、思春期を迎えて勃起するようになったときや男性器が大きくなって症状を自覚するようになる、このような特徴を持つのがカントン包茎です。
包皮の先端部分が狭いため勃起時に亀頭を露出させることができません。
無理に剥こうとすると痛みや裂傷を伴ってドーナツ状に腫れてしまう、皮は元の状態に戻らなくなる可能性も高めです。
これはカントン包茎が自己流では解決できない難易度にもなる部分ですから無理に剥くことは控える、適切な医療機関での包茎手術をおすすめします。
ちなみに、亀頭下がドーナツ状に腫れ上がって皮が戻らなくなると、亀頭の壊死リスクがありますし性行為はもちろんマスターベーションもできなくなるなどカントン包茎は他の症状よりも非常にリスクが高い症状といっても過言ではありません。
なお、カントン包茎の状態は個人差がありますが自己流では解決ができない危険度が高いリスクを持つことを覚えておきましょう。

まとめ

カントン包茎は、無理に包皮を剥いて亀頭を露出させようとすると包皮の先端部分が非常に狭いため元の状態に戻らなくなり亀頭下がドーナツ状に腫れてしまうリスクがあります。
仮性包茎などの場合は、軽度の症状であれば自己流で解決できることもありますが、これと同じような感覚で皮を剥くと取り返しのつかないトラブルになるので、カントン包茎の治療実績が豊富な専門医がいる美容形成外科などを利用して包茎手術を受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。